ibee UK > ブログ > イギリス イースター!イースター! イースター!

ブログ

イギリス イースター!イースター! イースター!


2018年のイースターホリデー(復活祭の祝日)は、3月30日(金)から4月2日(月)までの4日間。クリスマス以来の待ちに待った連休。長く暗い冬をようやく越えて、ダフォディルが咲き、春の訪れを日に日に感じるこの季節。サマータイムも始まって、人々の足取りも軽く街も賑やかで、なぜかウキウキ、ワクワクした気分になります。

この時期、スーパーの棚を大いに占拠するイースターエッグやイースターバニー、思いを凝らしたディスプレイをスライドでお楽しみください。

2018年のイースター祝日

  • 3月30日(金) – グッド・フライデー(Good Friday) – 祝日
  • 4月2日(月) – イースター・マンデー(Easter Monday) – 祝日(スコットランドを除く)

イースターの由来と豆知識

ヨーロッパのほとんどのキリスト教国では、イースター(復活祭)を祝います。イエスキリストが十字架にかけられてから3日後に復活した日を記念する祝日です。イースターは、太陰暦を使っているため、年によって大幅に日付がかわる移動祝日。毎年、春分の次に訪れる満月を過ぎた日曜日をイースターとして、その週末の金曜日から週明けの月曜日までの4日間がイースターホリデーとなります。

イースターエッグ(Easter egg)

生命の誕生、復活の象徴である卵がイースターのシンボル。一味ひねりが加えられ、ただの玉子でなく、卵形に作られた大小さまざまなチョコレートがいっせいに店頭に並びます。 この時期の子供たちは卵の殻をカラフルに装飾したり、卵の形のビスケットを焼いたり、庭に隠した卵やプレゼントを見つけるエッグハンティングなどがあり、各地でイベントが行われます。

イースター・バニー(Easter bunny)

うさぎは子だくさんなことから生命と繁栄の象徴とされ、元気よく跳び回るところが生命の躍動を感じさせるため、イースターの大切なシンボルとなっています。ウサギ型のお菓子をはじめ、イースターバニーのヘア飾り、コスチューム、ぬいぐるみ、絵本、食器など様々なウサギ商品がラインアップ。

ホットクロスバン(Hot cross buns)

一言で説明すると、シナモン味のレーズンパン。伝統的にシナモン等のスパイスとレーズンを練り込んで、コッペパンの上に十字(クロス)模様がアイシングされています。これは、言わずもがな、キリストが磔にされた十字架の象徴です。