ibee UK > イギリスABC > イギリスの携帯電話事情

イギリスABC

イギリスの携帯電話事情

日本の携帯電話は使えますが、でもこんなご注意が・・・

PAYG 04963-300現在、日本でお使いのほとんどの携帯電話は(旧式を除く)イギリスでの利用が可能ですが、イギリスで使用する際に、イギリスの通信会社の使用料(国際ローミング)がかかり、ご契約されている国内の通信会社の利用料金に加算される形で通話料を請求されます。
ホームステイ先へ連絡をする際や、友人やご家族にちょっとした連絡をしたい場合には便利ですが、ご利用回数が多い場合は通信費が非常に高くつきます。
また日本の携帯のみをお持ちの場合、イギリスで電話を受ける際は、相手がイギリス国内から電話をかけても、国際通話となるためホストファミリーもクラスメートも電話をかけずらい状況となります。
滞在期間が中長期であれば、日本の携帯を使うよりも、また事前に日本でイギリスの携帯電話をレンタルするより、イギリスでプリペイドタイプの携帯電話を購入した方がお得です。

イギリスの携帯電話から格安で日本へ国際電話も可能

イギリスの携帯電話から日本への国際電話も非常に安くかけられるタイプもあります。日本から持参した携帯電話はメールチェックのみに限定し、イギリスの携帯電話を購入し利用することでかなりの通信コストを抑えられます。
なお、SIMフリーの携帯電話をお持ちであれば、イギリスでSIMのみ購入しお手持ちの携帯電話のSIMを入れ替えることでそのまま利用できます。SIMは携帯電話ショップやニュース・エージェント(町角にある新聞や食品などを販売する雑貨屋さん)などで販売しており、イギリス到着後に即必要であれば、到着ホールに設置の自動販売機でも入手できます。

お薦めはプリペイドタイプ

PAYG img日本でいうプリペイドタイプはイギリスではPay As You Goと呼ばれ (略してPAYGとも表記)、パスポートなどの身分証明書の確認など、面倒な手続きは必要なく外国人でも手軽に購入できます。購入時に住所の登録を必要とすることがありますがホテルやホームステイ先など短期滞在の住所でも大丈夫です。 月極や長期契約の携帯電話サービスは、イギリスで銀行口座を持っている必要があるため短期滞在の場合は契約できません。

UK Mobile networks

プリペイドタイプの携帯電話- Pay As You Go/PAYG (ペイ・アズ・ユー・ゴー)

イギリスの携帯電話会社(キャリアー)は、T-Mobile(Tモーバイル), Vodafone(ボーダフォン), Orange(オレンジ), O2(オー・ツー), 3(Three スリー)の5社が大手です。その他にも、Virgin MobileやTalk Mobileなど大手の回線を利用して、サービスを限定した格安の通話料金でサービスを提供する携帯電話が数社あります。どの携帯会社でも、プリペイドタイプのPay As You Goを販売しています。

携帯電話本体が通話料込みで£15から£25程度で購入可能

PAYG-offer

携帯本体の価格は安い機種であれば、トップアップ(通信料)をセットで購入すると£5程度からあります。通常、本体購入と同時に通信料を合わせて購入するため、£10か£20の通話料がセットになり£15から£25程度で購入できます。

携帯電話お取り扱いショップ

携帯電話を販売するショップは、 T-Mobile,やVodafoneなど自社の製品しか取り扱っていない各携帯電話会社のショップ(自社のみ利用できるようSIMがロックされています)と、 Carphone Warehouse(カーフォン・ウェアハウス)、CarphoneWarehousePhone4u(フォーン・フォー・ ユー)など全携帯電話会社を取り扱うショップがあります(どの携帯電話会社のSIMでも利用できるようSIMフリーの携帯を販売しています)。

上記の各携帯電話会社のショップと携帯電話全社を扱うショップは、ロンドン市内の至るところにあり、地方の都市でも通常ショッピング街に行けば見つけることができます。イギリスの携帯電話全社を取り扱っている Carphone Warehouseは店内のディスプレイも見やすく、またパンフレットもあり購入しやすいのでお薦めです。

携帯電話の通話料金

イギリス国内への固定電話や携帯電話への通話料は1分20p-25pですが、ここ数年、国際電話通話料が下がっており、携帯電話から直接日本の固定電話へ1分5ペンスでかけられるプランもあります。日本の携帯電話への国際通話も10ペンスからかけられるプランもあります。

購入した携帯電話を有効にする

携帯電話を購入した時点では、携帯本体とSIMカードは別々になっているので、購入したらその場で、店員にSIMカードをセットしてもらいすぐに利用できるようしてもらうことをお薦めします(頼まないとやってくれないことがあります)。 購入時でもバッテリーはある程度充電されていますが、十分に充電してから使ってください。

 “Could you please put the SIM in my phone and activate it? I’d like to use the phone right now. ”

携帯電話へ通話料のチャージ方法 Top Up

Top-up logo「Pay as you go」の通話料をチャージすることを”トップアップ(Top up)”といいますが、携帯ショップ、ニュース・エージェント、スーパーのレジ、郵便局などで簡単に トップアップのバウチャーを購入できます(緑の枠に携帯電話のロゴマークが目印)。トップアップバウチャー(現在はカードタイプはほどんどなくレシートです)には12桁から16桁の番号が記載されています。

各携帯電話所定の電話番号へ電話をし、トップアップを有効にする必要があります。音声ガイダンスは英語ですので聞き取りづらいことがあるかもしれませんが、分からない場合は何度も聞き返してみてください。購入した携帯電話をオンラインで登録していない場合は、最初に11桁の携帯電話の番号を入力するように案内されることがあります。電話番号を入力し最後にシャープマーク”#”を入力します(Enter your phone number you wish to top up and followed by hash key とう音声があります)。その後で、バウチャーに記載の番号を入力し最後に”#”を入力します。”Your Top up is successful. Now your credit is xx pounds.” という音声案内(各社により異なります)があればトップアップは完了です。

携帯電話でメッセージを送る方法

イギリスではテキスト(SMS/Text)で、相手の電話番号にメッセージを送るのが一般的です。

携帯電話会社の料金体系やサービスはよく変わります。各携帯電話会社のウェブサイトもしくはショップで確認してください。

参考URL

T-Mobile (ティー・モーバイル): www.t-mobile.co.uk

Orange (オレンジ): www.orange.co.uk

Vodafone (ボーダフォン): www.vodafone.co.uk

O2 (オーツー): www.o2.co.uk

3 (スリー): www.three.co.uk

CarphoneWarehouse (カーフォン・ウェアハウス): www.carphonewarehouse.com