ibee UK > 小中高生 サマースクール > ホイットギフト・サマースクール(11歳~17歳)

小中高生 サマースクール

ホイットギフト・サマースクール(11歳~17歳)

同世代のイギリス人生徒とも触れ合える、ロンドン近郊のボーディングスクール主催のサマースクール!〈2020年の日程と料金に更新〉

Whitgift Summer School About Whitgift

サマースクールの研修地となるホイットギフト・スクール(Whitgift School)は、ロンドンから南東へ列車で30分、サリー州の南クロイドンに位置し、設立は1600年まで遡る由緒ある通学・寄宿制の私立男子校です。緑豊かなキャンパスには、歴史を刻むメイン校舎にモダンな学生寮が隣接し、広いグランドやテニスコート、屋内プールを備えた近代的な体育館やミュージックホールなど充実した設備を誇り、伸び伸びと学習できる環境です

当サマースクールの最大の特徴は、ホイットギフト本校と姉妹校である女子校からイギリス人生徒がホストとして参加し、世界各国から集う生徒に加えてイギリス人生徒とも交流できるインターナショナルな環境です。同世代のネイティブなティーンエージャーと触れ合うことで、ナチュラルな英語を身につけるとともに、新たにできたイギリス人の友達とも親交を深めることもできます。

コースは、週23時間のジェネラル・イングリッシュと試験スキルの2つから選べ、クラスサイズは、最大12名、同じ国籍の生徒を最大15%前後に制限し、生徒数は最大108名、その他ブリティッシュスチューデントが約30名参加します。放課後には、フットボール、乗馬、ゴルフ、テニスなどプロのコーチから学べるアカデミーも充実しています。英語レッスンを担当する先生やアクティビティ担当のスタッフ、また学生寮でお世話するハウスペアレンツの多くが、ホイットギフト本校の経験豊富なスタッフという点も安心です。滞在は、新設されたモダンな学生寮で、2人もしくは3人部屋、各部屋トイレ・シャワー付きです。

プログラムの特徴

  • ボーディングスクールが主催する充実したサマースクール
  • 本校から参加するネイティブのイギリス人生徒とも交流できる
  • しっかりと学べる週23時間の効果的な英語レッスン
  • フットボール、乗馬、テニス、ゴルフなどプロから学べる各種スポーツと充実したアクティビティの選択肢

ここがポイント

コースの基本データ

コース主催 ホイットギフト・サマースクール (Whitgift Summer School)
コース名 Whitgift Summer School
受講可能年齢 11歳以上~17歳以下
ロケーション サウス・クロイドン(South Croydon) (ロンドン南部、列車で約30分)
滞在形態 学生寮
部屋 シングル、ツイン、トリプルルーム
食事 全食事(朝食、ランチ、夕食)
キャパシティ(収容人数) 108名
スタッフと生徒の比率 1対6
クラスの最大人数 12人
レッスン時間 週23時間
レベル 初級から上級の各レベル
受講最低英語レベル 初級以上(最低2年間の英語学習、ビギナー不可)

生徒の国籍比率

上記は、サマースクール全期間の総徒数の国籍比率です。各開始日により国籍比率に変動があり、また日本の夏休みが始まる7月中旬以降、日本人生徒の割合が増える傾向があります。同校では最大15%の国籍制限をしています

キャンパス

1271-Summer School School Overhead-view 1

当サマープログラムは、1600年に設立の由緒あるボーディングスクール、ホイットギフト・スクール(Whitgift School)のキャンパスで行われます。最寄りの都市、クロイドンは、ロンドンから列車で30分ほど、ガトウィック空港やヒースロー空港からのアクセスがよく、ロンドンへの観光にも便利なロケーションです。クロイドン郊外の自然に恵まれ落ち着いた環境に包まれたキャンパスには、歴史を刻むレンガ造りのメイン校舎に新設の学生寮とスポーツホールが隣接し、芝のスポーツグランド、人工芝ピッチ、テニスコート、近代的なスポーツホール(体育館)、屋内プール、スクウォッシュコートなどの各種スポーツ施設に加えて、ミュージックホールも有し充実した設備を誇っています。

ユニークな点では、キャンパスにフラミンゴやクジャクが自由に闊歩し、中庭の日本(風)庭園では盆栽と池に泳ぐ鯉が楽しめます。

滞在先の学生寮と部屋について

滞在先となる学生寮はキャンパス内にあり、最大収容人数は108人、男女はブロックごとに分かれて滞在し互いに行き来できません。また、兄弟や友人と一緒に参加する場合も同室は認められず、必ず異なる国の生徒とルームシェアすることになります。キャンパス内は24時間体制の警備が整っており、学生寮には専任のハウスペアレンツと呼ばれるお世話係のスタッフが常駐し、万全のサポートの元、行き届いたケアーを提供します(スタッフ対生徒の比率は、1対6)。部屋は、シングルルーム、ツインルーム、トリプルルームがあり、全室トイレとシャワー付きです。ベットリネンは週1度の交換、洗濯は週1度スタッフが行なってくれます。寮内で、利用時間帯など制限ありますがWiFiが利用できます。初日に学生寮の鍵の保証金として£20を学校に預けますが、破損や紛失がなければ退寮時に返金されます。

Whitgift Summer School Student ResidenceSenior Single Room

食事について

食事は全食(朝、昼、夕)キャンパス内の食堂で取り、昼食と夕食は温かい食事を含む数種類が用意され、また健康や宗教上の理由による食事制限などリクエストにも応じます。終日観光などの外出時にはパックドランチ(お弁当)が用意されます。また、ブレイクやベットタイム前には、おやつや飲み物なども提供されます。

到着時と帰国時の送迎について

入校日(イギリス着)は日曜日、コース終了(イギリス発)も日曜日です。到着日と出発日に、ロンドンのヒースロー空港またはガトウィック空港と研修地間の送迎が学校より手配されます。この送迎サービスを利用できるのは、原則として、午前9時から午後6時までに発着のフライトですが、この時間帯以外のフライト、また他の空港をご利用の場合は、お問い合わせください。ヒースロー空港の場合、時間外の送迎費用は片道£120です。

到着の際は、学校スタッフが到着ロビーでお迎えし、帰国時は、学校スタッフが搭乗便のチェックイン手続きをお手伝いし出国ゲート前まで付き添います(航空会社が提供する子供の一人旅サービスをご利用にならない場合、保安検査から先の搭乗ゲートへは、お子様ご自身で移動となります)。

プログラムについて

英語レッスン

英語にどっぷりと浸ったサマースクールの生活を通して、生徒達が自信を持ってよりナチュラルな英語でコミュニケーションを取り、生きた英語が習得できるよう、またコース終了後もモチベーションを持って英語学習を続けられるように、サマースクールのプログラムが組まれています。

受講に必要な英語レベル

コース受講には、最低でも2年の英語学習が必要で、ビギナーは受講できません。また、試験対策コースを受講の場合は、最低中級以上(B1, B1+)の英語レベルが必要です。

コース開始前にオンラインで英語レベルテストを行い、各生徒のレベルを判定し個々のニーズに応じたレッスンを作成します。コースは、ジェネラル・イングリッシュ・スキル(一般英語)と試験スキルの2つから選べ、両コースとも週23時間で構成され、申込み時に希望のコースを選択します。生徒は、年齢により、11歳から14歳(Lower School)と14歳から17歳(Upper School)に二分され、各英語レベルにより初級から上級まで国籍を考慮したクラスが編成されます。

午前中に行われる最初の2時間のボキャブラリ、文法など基本スキルを学ぶイングリッシュ・スキル・レッスンでは、両コースの生徒が一緒に学習し、次の1時間では、試験スキル選択の生徒は分かれて、試験対策に焦点を当てたレッスンを受けます。午後に行われるイングリッシュ・イン・アクションでは、また一緒になり、ブリティッシュの生徒も参加します。

英語レッスンを担当する教師は、母語の異なるティーンエージャーを教える経験が豊富であり、また、ホイットギフト本校で教えている多くの先生方が、サマースクールでも教えています。クラスサイズは最大で12名、通常はより少なく、個々の生徒に目を配ることができます。英語レッスンにおけるお子様の習熟度は常にモニターされ、詳細な個人学習レポートが、毎週、親御さんに届けられます。

イギリス人生徒のホスト

ネイティブのイギリス人男子と女子生徒が、ホイットギフト・スクール本校と姉妹校(Old Palace of John Whitgift)から選抜され、スチューデントホストとして各クラス4名加わり、外国人生徒が英語でコミュニケーションできるようヘルプします。ブリティッシュスチューデントは、毎日お昼に到着し、ランチを共にした後、午後のイングリッシュ・イン・アクション・クラスと午後とアカデミーとアクティビティ、また夕方のイベントに参加、デイナーまで一緒に過ごします。

同世代のネイティブなティーンエージャーと触れ合うことで、英語学習のプロセスを早めナチュラルな英語を身につけるとともに、コースが終わった後も親交を深める生徒も多く、より意義のあるサマースクールとなるでしょう。

アクティビティ(課外活動)

放課後のアクティビティは、週4回、各90分のアカデミーと呼ばれる選択科目、もしくはマルチ・アクティビティが組まれ、スポーツ系とクリエイティブ系の豊富な選択肢からお好みのものを選び、興味のある分野を楽しみながら学べます。アクティビティでも、生徒の年齢により11歳から13歳(Lower School)と14歳から17歳(Upper School)の2つのグループに別れて行われます。イギリス人生徒は、アクティビティにも参加します。

アカデミーは、専門の知識とスキルを持つプロのコーチが担当し、第1、3、5週は、テニス、フットボール、ゴルフ、また、第2、4、6週は、バスケットボール、乗馬、ミュージカル&シアターが用意され、各週1つのアカデミーを選択できます。なお、ロック・クライミング、フェンシング、ゴルフ、乗馬は申込時に予約が必要で、週£100の追加料金がかかります。その他のアカデミーは、追加料金はかからず到着後に選べます。

また、マルチ・アクティビティでは、毎週2つのアクティビティを選び、ひとつは月曜と火曜日に、もうひとつは木曜日と金曜日にそれぞれ行います。マルチ・アクティビティも到着後にお好みのものが選べます。アカデミーとマルチアクティビティは、2週間のローテーションで組まれています(下記表を参照ください)。

アカデミーとマルチ・アクティビティのスケジュール
アカデミー
第1週(7/5-11)、3週(7/19-25)、5週(8/2-8) 第2週(7/12-18)、4週(7/26-8/1)、6週(8/9-15)
  • テニス・アカデミー (Tennis)
  • バスケットボール・アカデミー (Bascketball)
  • クライミング・アカデミー (Climbing)*
  • ゴルフ・アカデミー (Golf)*
  • フットボール・アカデミー (Football)
  • ミュージカル・シアター・アカデミー (Musical theatre)
  • フェンシング・アカデミー (Fencing) *
  • 乗馬アカデミー (Horse riding)*
クライミング、ゴルフ、フェンシング、乗馬の各アカデミーは、申込時に要予約、週£100追加料金がかかります。
マルチ・アクティビティ
第1週(7/5-11)、3週(7/19-25)、5週(8/2-8) 第2週(7/12-18)、4週(7/26-8/1)、6週(8/9-15)
  • テーブルテニス (Table Tennis)
  • ダンス (Dance)
  • アート&クラフト (Arts & Crafts)
  • フットサル (Futsal)
  • タッチラグビー (Touch Rugby)
  • ウォーターポロ (Water Polo)
  • サバイバル・スキル (Survival Skills)
  • スクウォッシュ/ラケットボール (Squash/Racquetball)
  • バドミントン (Badminton)
  • ソフトボール (Softball)
  • アーチェリー (Archery)
  • スイミング (Swimming)

エクスカーション(小旅行)

生徒達がイギリスの文化や習慣について楽しみながら学び、またその魅力を体験できるよう観光やエキサイティングなアトラクション体験が、プログラムの一環として組み込まれ、水曜日にロンドン市内など近隣への半日観光、また土曜日に終日観光が行われます。ロンドン市内へ30分という立地条件を活かして、ワーナー・ブラザーズ・スタジオ(ハリーポッター)やチェルシー・フットボール・クラブの訪問、ロンドン・アイ搭乗、ロンドン動物園、ウェストエンドのミュージカル鑑賞、またソープ・パーク(テーマパーク)訪問に加えて、オックスフォード、ケンブリッジ、ブライトンなどの都市への観光が含まれます。各トリップは、学習シラバスの一部として、観光前に訪問場所などについてクラスルームでリサーチや準備を行い実施されます。教室でのレッスンと実際の体験をリンクさせることにより、より有意義で思い出に残る体験となります。

ソーシャルイベント

夕方には、リラックスした環境で世界各国から集まる生徒同士が互いに交流し楽しめるように、様々なソーシャルプログラムが毎日組まれ、この夕方のイベントにはイギリス人生徒も参加します。イブニングアクティビティの一例として、クイズやゲーム、タレントショー、ディスコ、カラオケ、また生徒同士が互いに協力しながら行うエッグ・プロテクター・チャレンジャーやキャプチャー・ザ・フラッグに加えて、モダンダンスやフットボールトーナメント、バスケットボール、ミニオリンピックなどの体を動かして楽しむアクティビティも含まれます。

コース日程と費用

2020年 コース日程と費用

コースは7月5日から8月16日まで6週間に渡り開講され、2週間から受講できます。到着と出発は共に日曜日で、コース日程は以下のとおりです。フライトの都合などにより日曜日に到着または出発できない場合はご相談ください。

コース期間 開始日(日曜)/終了日(日曜) 費用
2週間コース(14泊) 7月5日~7月19日, 7月19日~8月2日, 8月2日~8月16日 £2900
3週間コース(21泊) 7月5日~7月26日, 7月26日~8月16日 £4150
4週間コース(28泊) 7月5日~8月2日, 7月19日~8月16日 £5200
6週間コース(42泊) 7月5日~8月16日 £7300
指定日、指定時間内(午前9時~午後6時)のフライトをご利用の場合、ロンドンの各空港(ヒースロー空港またはガトウィック空港)と研修地間の送迎費用も含まれます。ヒースロー空港の時間外の送迎費用:片道£120。
アカデミーにゴルフまたは乗馬を選択の場合、週£90の追加料金がかかります。

コース費用に含まれるもの・含まれないもの

コース費用に含まれるもの コース費用に含まれないもの
  • 学生寮での宿泊(シングル、ツイン、トリプル)
  • 滞在中の全食事(朝食、ランチ、夕食)
  • 英語レッスン(週23時間)とレッスンで使用する教材
  • 放課後のアクティビティとアカデミー(有料アカデミーを除く)
  • 夕方のソーシャルイベント
  • 週1回の終日観光と週1回の半日観光
  • ロンドンの空港と研修地間の往復の送迎
  • 個人学習レポート(毎週)とコース修了証
  • コース期間中の医療と旅行保険
  • 日本とイギリス間の航空券代金
  • アカデミーの追加料金(フェンシング、ロッククライミング、ゴフル、乗馬)
  • 個人のお小遣い
  • カギの保証金£20(退寮時に返金)

ダウンロードとリンク

コースの関連資料

リンクをクリックすると、ファイルを閲覧またダウンロードできます。※2020年の資料を入手次第、更新します。

関連リンク

お申込み手続きと現地サポート

お申込み手続きについて

アイビーUKの無料学校申込み手続きサービス:ジュニア向けのサマースクールのお申込みに関して、弊社手数料などは一切かかりません。学校が提示するポンド建ての費用がお支払いいただく金額です(支払い時に発生する送金手数料などは、お客様のご負担となります)。

コース費用のお支払い

コース費用は、学校の銀行口座に、直接、海外送金いいただきます(クレジットカード不可)。お申込み後に、お支払い方法について詳しくご案内いたします。

安心の現地サポート

イギリス在住の経験豊富な弊社日本人スタッフが、お問い合わせからコースのお申込みまできめ細やかに対応し、渡航に必要な学校書類など準備し、ご出発に備えて十分な情報をご提供いたします。また、営業時間内、および、到着時と帰国時に加えて緊急時に対応する「ジュニアコース現地サポート」を日本語で提供いたします。到着日や帰国日、またコース受講時や滞在先で問題など生じた場合など学校と提携し迅速に対応いたします。

お問い合わせはこちらから