ibee UK > 小中高生 サマースクール > イギリス 中学生・高校生向け夏休み短期語学研修 サマースクール 2020年

小中高生 サマースクール

イギリス 中学生・高校生向け夏休み短期語学研修 サマースクール 2020年

世界中の子供たちが集まるイギリスのサマースクール。将来への夢が広がる、ひと夏の貴重な体験を実現する厳選したプログラムをご紹介します。〈2020年の日程と料金に更新中〉

お子様の未知の可能性を伸ばすには、確かな環境選びが絶対条件です。世界中の子供たちが集まるイギリスの中学生・高校生向けサマースクールプログラムで、英語学習はもちろん将来への夢が広がる、ひと夏の貴重な体験をぜひ実現させてください。

なお、当ウェブサイトでご紹介していないコースも手配できます。ご希望のサマースクールがございましたらお気軽にお問い合わせください。サマースクールのお申込みには、一部のコースを除き、手数料など一切かかりません 。英ポンド建てのコース費用がお支払いする金額です(海外送金やカードチャージなどの手数料はご負担いただきます)。

お子様の夏休みの短期留学にイギリスを選ぶ理由

中高校生向けサマーコース – 美しく緑あふれる伝統の国イギリスで最高の語学学習と海外生活体験を!

最高の環境を選ぶ

お子様の未知の可能性を伸ばすには、確かな環境選びが絶対条件です。フランス、ドイツ、イタリア、スペインなどヨーロッパ各国をはじめロシアや東欧、また中東、南米、アジアから世界中の子供たちが集まります。伝統と定評あるイギリスのサマースクールプログラムで、英語学習はもちろん豊かな国際性と視野を広げ、将来への夢が広がる、ひと夏の貴重な体験を実現させてください。

イギリスで正統派英語を学ぶ意義

スポーツをプレーするのに最初に悪い型を身につけ、それを直すのに苦労したご経験はありませんか?英語の発音もスポーツ同様にクセのある発音が身についてしまうと、正しい発音に矯正するのに時間がかかります。早期からクセのない美しく正しい発音に親しみ、基本をしっかりと身につけることは、成人後の英語力にも大きく影響します。ブリティッシュ・イングリッシュと呼ばれる正統派のイギリス英語の発音を身につけることは一生の財産となります。

伝統あるイギリスの英語教育

「日の沈むことがない国」と謳われた大英帝国時代、イギリスは世界に広がる植民地で現地の人々に英語を教えなければ、植民地での政治も経済も支配できない現実に直面しました。

さまざまなバックグラウンドをもつ現地の人々への英語教育法は研究に研究が重ねられ、また現場でも試行錯誤が繰り返されながら、何世紀にも及ぶ長い歴史の中で、イギリス英語教育のメソッドが確立されました。このように、イギリスから発信される外国人向けの揺るぎない英語教育の質の高さは歴史的背景にあります。また、現在、旧英国植民地での英語の普及度がイギリス英語教育メソッドの効果を実証しています。

中高校生プログラムの英語レッスン

サマープログラムの英語レッスンでは、生徒は着席したまま、先生の解説を聞くといった日本の学校の受動的な授業スタイルとは異なり、目、耳、口そして、ときには身体を動かしながら、五感と身体をフルに活用してアクティブに学ぶため、知らぬ間にレッスンに引きこまれます。受身のレッスンは、単調になりがちで、文法、語彙といった基礎的な骨組みをしっかりと学び、理解して、記憶に定着させるプロセスがうまく機能しない点が指摘されています。生徒が積極的に身体を動かし、全神経を集中させるイギリスの教授法は、よりしっかりと記憶に残り効果的な学習成果をあげていることが実証されています。

中高生プログラムのアクティビティ(課外活動)と寄宿舎生活

急速に進むグローバル化により、日本の教育現場も読み書きが主流であった時代は終わり、話す・聞くだけではなく、対話するコミュニケーション能力が求められる「使える英語」へと英語学習の目的がシフトされています。相手の意見を聞き、状況に応じて自分の考えを英語で表現するスキルは、バックグラウンドが全く異なる世界中の仲間との交流を通して育まれていきます。サマーコースでは英語のレッスンだけでなく、アクティビティーやイベント、また寄宿舎での生活を通して、本当の意味での英語によるコミュニケーション能力を高めていきます。ヨーロッパを始め、南米、アジアの国々から子供たちが集まるイギリスでのサマースクールのインターナショナルな環境は理想的です。

心身共に逞しく成長し自信をつける

イギリス現地から日本人スタッフが安心のサポート。アイビーUKは、皆様の夢の実現をお手伝いします。

心身共に逞しく成長し自信をつける国籍の異なる世界各国のお子様と共に生活するには、自分からしっかりした意思表示をしながら、同時に相手のことも尊重する相互理解が必要となります。また、日本と異なるイギリスの生活に戸惑うことがあるかもしれません。親元を離れたお子様は、このように直面した問題を自分自身で解決しなくてはなりません。もちろん経験豊かなスタッフがサポートに当たりますが、徐々に自分自身の力で克服することができるはずです。これがお子様のさらなる自信と逞しい成長につながります。

中学生・高校生向けサマースクール よくある質問

Q:航空券代は費用に含まれていますか?

A: いいえ、日本からイギリスまでの航空券代金は含まれていません。日本―イギリス間の飛行機チケットはお客様ご自身で手配願います。

Q:航空券の手配をお願いすることもできますか。

A: いいえ、お客様ご自身で航空券を手配いただく旨ご了承ください。当地で手配する日本発のチケットは全て普通航空運賃が適用され割高となります。お客様ご自身でお好みの航空会社、また出発空港、時間帯などご都合に見合ったフライトを手配されるようお願いいたします。どの航空会社やどの航空券タイプがよいかお分かりにならない場合は、ご案内いたします。

Q:支払いはポンド建てと聞きましたが、どのように支払えばいいですか?

A: 弊社は、イギリス登記の会社のため、ポンド建てでご請求し、お支払は弊社の口座へ国際送金いただくのが原則ですが、学校に直接お支払いただく方法もあります。この場合、学校のオンライン決済機能を通してクレジットカードでお支払いいただけます(できない学校もあります)。ポンド建てのご請求は、円建てでコース費用を設定する際の為替差損を含める必要がなく、お支払い時の実際の為替レートが適用され明瞭です。また、現在(2017年4月)、ポンド安で為替が推移しており、ポンド建ての金額は割安感があると思います。日本から国際送金いただく場合は、都市銀行に比べてゆうちょ銀行(郵便局)が一番手数料が安くお勧めです。お支払い方法について詳しくは、お申込み時にご案内差しあげます。

Q:中学生・高校生向けサマースクールには保険が含まれていると聞きましたが、日本で海外渡航保険に加入する必要はありますか?

A: サマースクールプログラムのコース費用には、学校が加入する旅行傷害保険が含まれていますが、日本の海外旅行障害保険と補償内容や補償額が異なるため、渡航前に必要に応じて保険にご加入いただくことをおすすめしています。補償内容について詳しくは、ご予約確定後に「保険ポリシー概要」にてご案内していますが、お問い合わせの段階でもお送りいたします

Q:イギリスまでの飛行機の予約はどのようなタイミングで行えばよいですか?

A: 弊社プログラムを最終的にお申し込みになる前に、希望の日程で航空券がお取りできるか空席状況を確認いただき、できれば仮予約の手続きをお済ませください。弊社からお申込みコースの予約が確認がされた旨お知らせいたしますので、その後に航空券代金のお支払をされるようおすすめします。

Q:小学生以下でも参加できるサマースクールを紹介できますか?

A: はい、できます。主に中学生と高校生のお子様を対象としたコースをご紹介していますが、12歳以下の小学生または幼稚園・保育園児向けのサマースクールもご案内できます。詳細はお問い合わせください。

Q:初めての海外旅行ですが、心配ありませんか?

A: ほとんどのお子様が海外への渡航、またお一人で飛行機をご利用になるのが初めての経験と回答されています。ジュニアまたヤングラーナー向けのサマープログラムでは、海外経験のない子供達やホームシックにかかったお子様を心の面でしっかりとケアーするスタッフもおり、万全の体制を整えてお子様のお世話にあたりますのでご安心ください。到着して数日から1週間ほどの慣れるまでは、とまどいがあったり、不安を感じることがありますが、すぐに友達もできて楽しくお過ごしになります。イギリスを本拠とする弊社では、常に日本人スタッフが日本語で対応しご相談いただけます。

Q:イギリス入国に際し、特別な書類が必要ですか?

A: はい、サマースクール予約完了後に学校が発行するコース予約確認書やお子様のお一人での渡航を許可する親の承諾書などの書類が必要となりますが、弊社で必要書類をすべてご用意し、ご出発前に詳しくご案内いたしますのでご安心ください。6ヶ月以内のイギリス滞在であれば、日本国籍の場合、事前にビザを取得する必要はなく、イギリス到着時の空港の入国審査で滞在許可を取得できます。入国審査の際、原則として、学校の入学許可証(コース予約確認書)、滞在先を証明する書類、送迎手配確認書、滞在費用を証明する書類(短期コース受講では問われることは稀です)、帰りの航空券(Eチケットのコピー)の提示が必要です。また、18才未満のお子様の場合、保護者の承諾書も必要となります。

Q:イギリスの空港に着いてからが心配ですが大丈夫ですか?

A: イギリスの到着空港の到着ホールで、学校のロゴがプリントされたシャツを着用した学校スタッフ、あるいはお子様のお名前が書かれたボードを持ったドライバーが、到着時間に合わせて待機していますのでご安心ください。学校が指定するワッペンやステッカーの着用をお願いする場合は、スタッフがお子様の目印としていますので、必ず、見やすい位置に着用いただくようお願いします。また、弊社では、「到着と帰国時の安心サポート」を行なっております(別途費用がかかります)。到着時に空港で日本人のスタッフがお迎えし、学校のスタッフへ引き渡す到着時のサポートと帰国時に空港にてチェックインのお手伝いし、搭乗ゲートへの行き方など日本語でご説明するサポートサービスです。学校が提供する到着時お出迎えと出発時時のお見送りは、全て英語で行われます。日本語でのサポートをご希望の場合は、弊社の日本語サービスをご利用ください。

Q:英語が全く話せないのですが、参加可能ですか?

A: 中学生・高校生向けのサマースクールプログラムは、初心者から上級者まで、お子様の英語力に合わせてクラス分けを行っていますので、ご安心ください。サマースクールを終えて帰国した際、英語力が伸び自信も付き、一回り成長したお子様の姿に驚かれることと思います。

Q:サマースクール参加中に、外出はできますか?

A: 学校スタッフを伴わない生徒同士の外出を認めるか否かは、学校のポリシーまたはコースにより異なります。原則として、16歳未満のお子様のお一人での行動を認めておらず、16歳以上のお子様の場合は、外出を許可する保護者の承諾書があれば、学校の規定に従い外出を許可することがあります。ただし、この場合でも、お一人ではなくお友達との小グループで行動範囲と門限を定めた外出に限り認めるのが一般的です。サマースクールのプログラムには、放課後のアクティビティとして課外活動や各種イベント、またエクスカーション(小旅行)など、キャンパス外を見学また観光する機会が多彩に盛り込まれています。なお、弊社ウェブサイトの各サマースクールの詳細情報ページに、外出許可についても記載するよう努めていますが、ご不明な場合は、お問い合わせください。

Q:男女共学なので心配ですが・・・。

A: 英語レッスン、アクティビティーは特別な場合を除いて、男女の区別はありませんが、宿泊棟は男子と女子がしっかりと分けられていて、互いに行き来することはできません。また、学生寮の管理スタッフが24時間常駐してお子様の行動を見守っておりますのでご安心ください。

Q:子供がサマースクール参加中に、私自信も語学留学をしたいのですが可能ですか?

A: はい、弊社で語学留学コース、英語教師宅にホームステイして学ぶホームランゲージコース、また親子で参加できるファミリーコースなどもご紹介しております。ぜひ、ご相談ください。

お問い合わせはこちらから