ibee UK > 小中高生 サマースクール > ロンドン郊外リッチモンド ジュニア・サマースクール (14歳~17歳)

小中高生 サマースクール

ロンドン郊外リッチモンド ジュニア・サマースクール (14歳~17歳)

放課後は、追加の英語レッスン選択かスポーツ系とカルチャー系両方のアクティビティを体験。週2回のロンドン観光でロンドンを満喫 !〈2020年の日程と料金に更新〉

SC Summer Camp Sir William-Classroom-3
SC Summer Camp Sir William-Classroom
SC Summer Camp Sir William-Staff
SC Summer Camp Sir William-Campus
SC Summer Camp Sir William-College building
SC Summer Camp Sir William-Canteen
SC Summer Camp Sir William-Resident room-2
previous arrow
next arrow
Slider

[2020-02-19 T16:48] スチューディオ・ケンブリッジ当サマースクール(Sir William Summer Camp)は、研修地となるアメリカン・インターナショナル・ユニバーシティの改修工事が遅れ今夏までに終了しないため、2020年のサマースクール開講が中止となりました。

I am writing with regret to inform you that Studio will not be running the Sir William residential summer camp in Richmond in 2020. Unfortunately, the planned refurbishment of the accommodation at the American International University, where we host Sir William, is not on schedule, and will not be finished by this summer. We have been forced, therefore, to cancel the programme.
Nicole Kennedy, Sales Director, Studio Cambridge

代替のサマースクール

スチューディオ・ケンブリッジ主催の他のコース

また、スチューディオ・ケンブリッジでは、弊社ウェブサイトに掲載の上記2つのコース以外に、以下のサマースクールを開講しています。詳しくはお問い合わせください。

  • Sir Edward in Ely (9~13歳)
  • Sir Henry in Bishop’s Stortford (10~14歳)
  • Sir Laurence in Cambridge (12~16歳)
  • Sir Michael in Cambridge (13~17歳) ホームステイと寮滞在選択可。リーダーシップ, プログラミング(Codeing), クリエーティブ・ソーシャル・メディアの3つの特別コースを開講

リッチモンドとロンドン近郊で開講されるサマースクール

ロンドン中心部より南西へおよそ15キロの郊外、緑豊かなリッチモンドに当サマースクールの研修地となる大学のキャンパスが広がります。大きな邸宅が建ち並ぶ閑静な住宅地の一画にキャンパスは位置し、広大な敷地を誇るリッチモンドパークもすぐ近く、トレンディーなカフェやレストランが並ぶリッチモンドの中心部へも徒歩10分ほどと便利なロケーションです。落ち着いた環境にあるキャンパスで英語を学びながら、放課後には、世界中から集まったクラスメートと共に、サッカーやバレーボールなど活発にスポーツを楽しんだり、アートやクラフトワーク、またミュージアム訪問などの課外授業を取ったり、あるいはロンドンにちなんだアクティビティやイベントなどに参加して充実した体験ができるプログラムです。

英語レッスンは、週15時間のクラシック、または週21時間のインテンシブをいずれかを選び、インテンシブを選択してもコース料金は変わりません。基本となる午前中のレッスンでは、文法やボキャブラリを学ぶだけでなく、スピーキングとリスニングにも焦点を当てコミュニケーション能力を伸ばせるよう組まれています。インテンシブを選択した場合、午後にもアカデミックスキルやランゲージスキルなどの追加英語レッスンが行われ、英語力を伸ばすため集中的に学びたい方におすすめです。

夕食後は、スポーツ、ディスコ、カラオケ、パーティーなどのソーシャルイベントが毎日組まれ、自然とアクティブに国籍の異なる友人たちと英語でのコミュニケーションが図れます。週2回の終日観光と1回の半日観光では、ロンドン市内のほか、ケンブリッジ、ブライトン、ウィンザー城、ウォリック城などの都市や旧跡も訪れます。滞在は、キャンパス内の学生寮で、主にツインルームですが、シングルルームもリクエストできます。

当サマースクールプログラムは、ケンブリッジで最も歴史ある英語スクール、スチューディオ・ケンブリッジにより行われ、同校は、1967年にサマースクールを開講以来、50年以上に渡る経験と実績を誇っています。

プログラムの特徴

  • ロンドン郊外の緑豊かなリッチモンドにある落ち着いた環境のキャンパス
  • 週15時間か21時間を選択できる英語レッスン(コース費用は同じ)
  • コミュニケーション能力アップに重点を置いた英語レッスン
  • スポーツ系とカルチャー系の両方のアクティビティが体験できる
  • ロンドンにちなんだアクティビティとイベントにも参加できる
ここがポイント

コースの基本データ

コース主催 スチューディオ・ケンブリッジ (Studio Cambridge)
コース名 サー・ウィリアム・サマーキャンプ (Sir William)
受講可能年齢 14歳以上~17歳以下
ロケーション ロンドン郊外リッチモンド
滞在形態 学生寮
部屋 シングルルームまたはツインルーム
食事 全食事(朝食、ランチ、夕食)
キャパシティ(収容人数) 200人
スタッフと生徒の比率 1対10
クラスの最大人数 16人(平均13人)
英語レッスン時間 週15時間(20レッスン)または週21時間(28レッスン)
アクティビティレッスン時間 週10時間(2時間×5日)
レベル 初級から上級の各レベル
受講最低英語レベル 初級(エレメンタリー)以上

キャンパス

サマープログラムは、リッチモンド・アメリカン・インターナショナル大学のキャンパスで行われます。美しい庭園が広がるキャンパスはリッチモンドの中心街から徒歩10分にあり、キャンパス内に学習棟と学生寮があります。各宿泊棟には専任のハウスペアレンツと呼ばれるお世話係のスタッフが常駐し、万全のサポートの元、行き届いたケアーを提供します。

英語講師とスタッフについて

サマープログラムの英語の先生は全員、英語を母国語としない、外国人に英語を教える資格を持ち、英語教師としての経験に加え、ティーンエージャーを対象としたレッスンの適性も高く考慮され選抜されています。

滞在先の学生寮と部屋について

滞在先となる学生寮はキャンパス内にあり最大収容人数は200人。男女別々の寮に滞在し互いに行き来できません。キャンパス内は24時間体制の警備が整っており、学生寮には専任のハウスペアレンツが常駐しています。部屋はシングルルームが主体で、ツインルームもあり、同性で違う国籍の生徒とシェアーします。トイレとシャワーは共同。ベットリネンは週1度の交換、洗濯は週1度無料で各自で行います。初日に学生寮の鍵の保証金として£20を学校に預けますが、破損や紛失がなければ退寮時に返金されます。

食事は全食(朝、昼、夕)キャンパスの食堂で取り、昼食と夕食は温かい食事を含む数種類が用意され、ベジタリアンや豚肉を含まない料理も提供されます。終日観光などの外出時にはパックドランチが用意されます。また、ベットタイム前には、クッキー、ケーキ、飲み物などのおやつも提供されます。

セキュリティーと自由行動について

生徒10人に対して1名のスタッフがお世話にあたり、各宿泊棟にはハウスペアレンツが常駐し、子供達一人ひとりの安全に目を配らせています。また日帰り遠足には英語教師だけでなく、アクティビティスタッフも同行します。緊急連絡は24時間体制で対応しています。

放課後、15:30から17:30の自由時間に、スタッフの付き添いのない生徒同士の外出が許可され、リッチモンドの街を訪れることができますが、この間にロンドンへ行くことは許可されていません。観光時に最大2時間の自由時間が許可されます。スタッフの付き添いがない限り、夕方の外出は認められていません。

到着時と帰国時の送迎について

入校日(イギリス着)は日曜日、コース終了(イギリス発)も日曜日となります。到着日と出発日に学校の手配により、ロンドンの各空港(ヒースロー空港、ガトウィック空港、スタンステッド空港)と研修地間の車による送迎が行われ、早朝便または夜便を利用の場合も追加料金はかかりません。到着の際は、学校スタッフが到着ロビーでお迎えし、帰国時は搭乗便のチェックイン手続きまで学校スタッフが付き添います。その他の空港をご利用の場合は、別途追加料金にて手配できます。


プログラムについて

英語レッスン

英語レッスンは、週15時間のクラシックプログラム(通常コース)か週21時間のインテンシブプログラム(集中コース)が選べ、申し込み時にどちらのコースにするか選択する必要があります。到着週の月曜日にクラス分けの英語レベルテストを行い、英語レベルと国籍を考慮しクラス分けされます。各コースのタイムテーブルはリンクからご覧ください(下記参照)。

ロンドンをテーマにしたサマースクールのファクトシート(英語)は、こちらからご覧ください。

英語レッスンに含まれるもの
  • 到着週、月曜日のクラス分けの英語レベルテスト
  • 規定の英語レッスン:クラシック・プログラムは週20レッスン(15時間)、インテンシブ・プログラムは28レッスン(21時間)
  • インテンシブコースでは、英語レベルにより、午後のランゲージスキルかアカデミックスキルの追加レッスンが含まれます。
  • 月曜日から金曜日まで国籍混合クラスで行われる英語レッスン
  • レッスンで使用する教材
  • コース終了時に渡される習熟度レポートとコース修了証
クラシックコース(週15時間)

午前中のレッスンでは、イギリス文化とロンドンの生活と歴史をテーマに、文法、語彙をしっかりと学び、英語でコミュニケーション能力を高めるレッスンが組まれ、実践的な英語力向上が期待できます。

クラシックコース(週15時間)のサンプルタイムテーブルは、こちらからご覧ください。

インテンシブコース(週21時間)

週21時間のインテンシブコースでは、午前の基本英語レッスンに加えて、午後に追加レッスンが行われます。追加レッスンは、英語レベルと目的によりアカデミックスキルかランゲージスキルを選択します。

アカデミックコース(週21時間)のサンプルタイムテーブルは、こちらからご覧ください。

アクティビティについて

放課後には英語を使ったアクティビティプログラム組まれ、各分野の知識とスキルを持つアクティビティスタッフが担当します。英語レッスン週15時間のクラシック・プログラムでは週11回(午後と夕方)、週21時間のインテンシブ・プログラムでは週7回(夕方)のアクティビティに参加できます。インテンシブ・プログラムを選択した場合は、午後のアクティビティの代わりに追加の英語レッスンを受講することになります。

アクティビティでは、バレーボール、サッカー、バトミントン、バスケットボール、ネットボールなどの各種スポーツのほか、アート&クラフト、クッキング、また博物館見学など多彩なオプションからお好みのものを選べます。ロンドンをテーマにしたアクティビティには、「隠れされたロンドン」探し(hunting for “hidden” London)、テムズ川のボート漕ぎ(rowing on the river Thames)。 王室の名所とランドマーク(royal sights and landmarks)、博物館で宝探し(museum treasure hunts)などが含まれます。

アクティビティ アクティビティの内容と一例
ウェルカムオリエンテーション 到着日の翌日にキャンパス内のオリエンテーションとリッチモンドの街を見学します。
ロンドンにちなんだアクティビティ テムズ川ボート漕ぎ、リッチモンド・ウォーキングツアー、シャーロック・ホームズ・マーダー・ミステリー、ジェームズ・ボンド・テーマ・ナイト、リッチモンドパーク訪問、リッチモンドミュージアム訪問
スポーツ バドミントン、サッカー、バレーボール、クリケット、ラウンダーズ、フリスビーなどチームスポーツを通して国籍の異なるクラスメートと身体を動かしながら交流しチームワークが育めます。
アート&クラフト チャコールスケッチ、ブレスレット作り、Tシャツデザイン、マスク創作、バックデザイン、粘土細工など英語で手順を理解しながらアートやクラフトワークを体験できます。
ランゲージ&カルチャーアクティビティ クイズ、ドラマゲーム、言語ゲーム、インタネット、映画鑑賞、ビンゴ、ボードゲーム、ミュージアム訪問
上記アクティビティは一例です。日程により参加できないものもあります。

エクスカーション(小旅行)について

毎週水曜日と日曜日の2回、終日観光が組まれており、水曜日はロンドン、日曜日は、ソープパーク(テーマパーク)、ケンブリッジ、ブライトン、ウィンザー城、ウォリック城などの観光名所や都市を訪れます。また、毎週金曜日の午後の半日観光でも、ロンドン市内を訪れます。なお、最終週の日曜日は、出発日にあたるため終日観光には参加できません。

各週のエクスカーションのスケジュールは、こちらからご覧ください。

ソーシャルイベントについて

夕食後には、スポーツ競技、ゲーム、クイズ、ディスコ、カラオケなどのソーシャルイベントが毎日組み入れられ、またシャーロック・ホームズ・マーダー・ミステリーやジェームズ・ボンド・テーマ・ナイトなどロンドンにちなんだイベントも企画されています。

コース日程と費用

2020年 コース日程と費用

2020年の当コースは、6月21日から8月2日まで6週間に渡り開講され、毎日曜日に開始、1週間から受講できます。到着と出発は、共に日曜日でコース日程は以下のとおりです。

コース期間 開始日/終了日(日曜到着/日曜出発) 費用
1週間コース(7泊) 6月21日~6月28日, 6月28日~7月5日, 7月5日~7月12日, 7月12日~7月19日, 7月19日~7月26日, 7月26日~8月2日 £1280
2週間コース(14泊) 6月21日~7月5日, 6月28日~7月12日, 7月5日~7月19日, 7月12日~7月26日, 7月19日~8月2日 £2050
3週間コース(21泊) 6月21日~7月12日, 6月28日~7月19日, 7月5日~7月26日, 7月12日~8月2日 £2700
4週間コース(28泊) 6月21日~7月19日, 6月28日~7月26日, 7月5日~8月2日 £3070
5週間コース(35泊) 6月21日~7月26日, 6月28日~8月2日 £3420
6週間コース(42泊) 6月21日~8月2日 £3770
コース費用には、指定日のロンドンの各空港(ヒースロー空港、ガトウィック空港、スタンステッド空港)と研修地間の送迎費用も含まれます。

2020年 コース費用

受講期間 1週間 2週間 3週間 4週間 5週間 6週間 7週間 8週間
費用 £1280 £2050 £2700 £3070 £3420 £3770 £—- £—-

コース費用に含まれるもの・含まれないもの

コース費用に含まれるもの コース費用に含まれないもの
  • 学生寮での宿泊
  • 滞在中の全食事(朝食、ランチ、夕食)
  • 英語レッスン:週15時間(クラシック)、週21時間(インテンシブ)
  • 放課後のアクティビティ
  • 夕食後イベント
  • 週2回の終日観光(最終週は1回)と週1回の半日観光
  • ロンドンの空港と研修地間の往復の送迎
  • コース修了証
  • コース期間中の医療と旅行保険
  • 日本ーイギリス間の航空券料金
  • 個人のお小遣い
  • カギの保証金£20(退寮時に返金)

ダウンロードとリンク

コースの関連資料

リンクをクリックすると、ファイルを閲覧またダウンロードできます。※2020年の資料に更新済み。

関連リンク

お申込み手続きと現地サポート

お申込み手続きについて

アイビーUKの無料学校申込み手続きサービス:ジュニア向けのサマースクールのお申込みに関して、弊社手数料などは一切かかりません。弊社有料サービスをご利用されない場合、学校が提示するポンド建ての費用がお支払いいただく金額です(支払い時に発生する送金手数料などは、お客様のご負担となります)。

お支払いについて

学校費用は、オンライン決済(FlyWire)により直接学校にクレジットカードでお支払いいただくこともできます。

安心の現地サポート

イギリス在住の経験豊富な弊社日本人スタッフが、お問い合わせからコースのお申込みまできめ細やかに対応し、渡航に必要な学校書類など準備し、ご出発に備えて十分な情報をご提供いたします。また、営業時間内、および、到着時と帰国時に加えて緊急時に対応する「ジュニアコース現地サポート」を日本語で提供いたします。到着日や帰国日、またコース受講時や滞在先で問題など生じた場合など学校と提携し迅速に対応いたします。

お問い合わせはこちらから